松の葉まつのは
「團子が貰ひたいね、」 と根岸の相坂の團子屋の屋臺へ立つた。……其の近所に用達があつた歸りがけ、時分時だつたから、笹の雪へ入つて、午飯を濟ますと、腹は出來たし、一合の酒が好く利いて、ふら/\する。……今日は歸りがけに西片町の親類へ一寸寄らう …
作品に特徴的な語句
老爺おとつさん はすつ 老爺とつ はお おとな おほき うま 前途ゆきさき あたゝか ぎやう しゆく 外方そつぱう 饒舌おしやべり おほい くすぐつた おろ つゝ かたはら なゝ がは すゞ たゝ うへ さが とほり ぬく つゝみ ひとへ 一寸ちよいと おほ づゝ まへ いゝえ りん 醤油したぢ ねぢ さいは はゝ 母樣おつかさん いま ぎやく じつ この ぢい いさゝか ざう しや とゞこほり はう 苦笑くせう おそろ あたゝか なす をんな 突込つツこ やは 突走つツぱし やつこ たなそこ いはん あぢ ちひ くゆ あひ とほ 此方こつち きれ まこと なま 居睡ゐねむ 山椒さんせう いへ きもの あひだ わざ なん 青光あをびか 前方さき こまか つゝ めづら をし 老人らうじん はひ つち 相坂あひざか 突立つツた そん いま