“青光”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あおびかり54.5%
あおびか27.3%
あをひかり9.1%
あをびか9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その羽織はおり鮮麗あざやか青光あおびかりのする友禅ゆうぜん模様の羽織はおりであった。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そこからはばの広いみちが、まっすぐに銀河ぎんが青光あおびかりの中へ通っていました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
それは、そらかがやく、おおきな青光あおびかりのするほし連想れんそうさせるのであります。
海ぼたる (新字新仮名) / 小川未明(著)
静かに立ちてあれば、わがそばなる桑の葉、玉蜀黍たうもろこしの葉は、月光げつくわうを浴びて青光あおびかりに光り、棕櫚しゆろはさや/\と月にさゝやく。
良夜 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
井戸はきう時代の遺物ゐぶつと謂ツても可い車井戸で、流しの板も半腐はんぐさりになツて、水垢みづあかこけとで此方から見ると薄ツすり青光あをひかりを放ツてゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
古風こふうな、うすい、ちひさなまげつたのが、唐銅からかねおほき青光あをびかりのする轆轤ろくろ井戸繩ゐどなはが、づつしり……石築いしづき掘井戸ほりゐど
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)