“青光”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あおびかり54.5%
あおびか27.3%
あをひかり9.1%
あをびか9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、次第に近づいて来るのを見ていると、その姿はどうも女らしかった。長い青光のする頭髪は乱れて、それが肩にいているように見えて来た。
月光の下 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
二人は、そういって、をみはっていました。ぼたるというのは、一きなほたるでありました。それは、く、きな青光りのする連想させるのであります。
海ぼたる (新字新仮名) / 小川未明(著)
臺所から十歩ばかりで井戸がある。井戸は時代の遺物と謂ツても可い車井戸で、流しの板も半腐になツて、水垢とで此方から見ると薄ツすり青光を放ツてゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
古風な、い、さなつたのが、唐銅青光りのする轆轤井戸繩が、づつしり……石築掘井戸
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)