“轆轤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろくろ94.8%
かぐらさん1.7%
くるま1.7%
くるまき1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
焼物の例を取れば轆轤を引く者、削る者、描く者、焼く者、各々持ち場があって、それ等の人達が協力して仕事が完成されるのです。
民芸の性質 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
釧路丸では、ガラガラと轆轤銛綱られて、仔鯨がポッカリ水の上へ浮上った。するとこの時、前檣の見張台にいた男が、手を振ってなにやら喚き出した。近づく隼丸に気づいたのだ。
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
(6)旧約伝道の書第十二章第六—七節、「る時には銀の紐は解け金の盞は砕け吊瓶は泉の側に轆轤れん、してく土に帰り霊魂はこれをけし神にかえるべし」
屋根裏からの落ちさうな内井戸で、轆轤の水を汲み上げてゐたら顏の眼の大きい下女のお梅は、背後を振り向いて笑つた。
兵隊の宿 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)