“蹴轆轤”の読み方と例文
読み方割合
けろくろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
作り方は紐作蹴轆轤の由ですが、こんな事情がこの焼物自体を大変貧しいものにしているのですが、更にその背後にはとても貧しくりのない素朴な暮しがあって
多々良の雑器 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)