兵隊の宿へいたいのやど
坂の上の、大きな松の樹のある村總代の家で、あるきを呼ぶ太鼓の音が、ドーン、ドーン、ドン/\/\/\/\と響いてゐたのは、ツイ先刻のことであつたが、あるきの猪之介は、今のツそりと店へ入つて來て、薄暗い臺所の方を覗き込みながら、ヒヨロ高い身體を …
作品に特徴的な語句
をせ なふ 嘲弄からかひ いつ びた 大府おほぶ 大砲おほづゝ いぢ くわん かつ 孱弱かぼそ いつ にじ 此方こつち 洋傘パラソル 薩張さつぱ 轆轤くるまき しやちほこ そこ おら わき はひ 凜々りゝ 婀娜なまめ 孰方どつち 對岸むかう わく ぬる 滯留とうりう 買物かひもん あし きは 飯櫃おひつ 丁稚でつち 九歳こゝのつ 先刻さつき 切羽せつぱ 十歳とを 可笑をか 名刺なふだ 喋舌しやべ 喫驚びつくり 嘲弄からか かき 天明よあけ 女子をなご たのし こび かゞ つね 掛金かきがね 斜子なゝこ 明日あした 昨日きのふ 棕櫚しゆろ 此家こゝ いつ 氣色けはひ すゝ 燈火ともしび 状袋じやうぶくろ 白鹿はくしか 確乎しつかり やゝ やに 華奢きやしや 蒲鉾いた 表書うはがき きん ぼたん あか 阿呆あほ 頭髮あたま 黄金きん 七夕たなばた 下膨しもぶく 人事ひとごと ほか 他人ひと さて たま ぬす 内懷うちぶところ 内方うちかた 内部なか ひや