うつせみ
家の間數は三疊敷の玄關までを入れて五間、手狹なれども北南吹とほしの風入りよく、庭は廣々として植込の木立も茂ければ、夏の住居にうつてつけと見えて、場處も小石川の植物園にちかく物靜なれば、少しの不便を疵にして他には申す旨のなき貸家ありけり、門の …
作品に特徴的な語句
いつ 此方うち あき やすみ あけ 母樣かあさん 父樣とうさん かい なほ 始終とほし 此方このはう せゐ 心配こゝろくば まづ つか ちひさ 三方さんばう うへ ゆき 引越ひつこし あやふ きは いきほ かたじけな とぶら 其方そちら 膝行いざり うつ をさ おつ 此家このいへ もつ かき はゝ おほ 終日しゆうじつ つくり めい とつ たつ 看護まもり 寂寞ひつそり やゝ まへ きゝ かぶり 悉皆しつかい かは いだ 彼方あなた 先刻さき いり 兄樣にいさん 職業しよくげふ 書物しよもつ あひだ には かへ きた 母樣かゝさま 最惜いとを ことな なほ 住居すまゐ こゝろよ うつゝ あふ 私共わしども とほ ちゝ おも いで いへ むな 見分みわか しを 四方しはう やつ いち 平常つね そり をんな さま なまめ わが ねぶ ちひ やま やまひ なげき 友仙いうぜん おこ 附添つきそひ もし あきら
題名が同じ作品
うつせみ (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
うつせみ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)