うつせみ
家の間数は三畳敷の玄関までを入れて五間、手狭なれども北南吹とほしの風入りよく、庭は広々として植込の木立も茂ければ、夏の住居にうつてつけと見えて、場処も小石川の植物園にちかく物静なれば、少しの不便を疵にして他には申旨のなき貸家ありけり、門の柱 …
作品に特徴的な語句
彼方あすこ ふとり 此方うち つひ 悉皆しツかい づけ あけ 母様つかさん やすみ 始終とほし おほ ともら 母様かかさま 蒼白あをしろ おつ 父様とつさん かたじけな つか ゆき しほ 膝行いざり あやふ 看護つきそひ いづ 其方そちら まづ 一寸ちよいと わし 我等わしども 後生ごしよう もつ すみ 温順をとな とつ 看護まもり いだ めい 聞分ききわく 香花かうはな 製造おつくり くう いで ねぶ そり には なほ いた やや 父様ととさま 住居すまゐ やつ かへ 女子をんな 先刻さき 遠慮はづ おも 最惜いとを 遺書ゆゐしよ 彼方あなた 平常つね 年輩としばい いきどほ 兄様にいさま あはれ むな りふ 聞分ききわけ 悄然しよんぼり 四隣まはり いさぎ 交際つきあひ 了解わか 母様かあさん 投出なげいだ ほとんど あきらめ なげき つむり より つい きは ちやう みさを せい 死期しご ねんごろ 一寸ちよつと 駟馬しめ 手向たむけ 打笑うちゑ しきり 良人をつと 生命せいめい 狼藉らうぜき こと 父様とうさん 淡泊あつさり
題名が同じ作品
うつせみ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)
うつせみ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)