小説 円朝しょうせつ えんちょう
序 夕月淡く柳がくれの招き行燈に飛ぶ禽落とす三遊亭圓朝が一枚看板、八丁荒しの大御所とて、焉んぞ沙弥より長老たり得べけむや。あわれ年少未熟の日の、八十八阪九十九折、木の根岩角躓き倒れ、傷つきてはまた起ち上がり、起ち上がりてはまた傷つき、倦まず …
作品に特徴的な語句
よだ たゆ ざし さぐ はした つけた 着物よろい 昨夜ゆべ 恐怖くふ こしら おそ しび よしわら でこ あっし とき かた 師匠おやじ かたず つい 下手ぺた しと うし あし かじか 外面そとづら わっし 湿しっ さげ いわれ かぶり きお 煙管ギセル 美味うめ ゆすぶ おいら こしら とば かたじけな かあ 酔醒すいか 七日ひとまわり がん 真打しばや 竹刀やっとう そく 給金わり まとい 水銀みずがね あで 芝居こや かど ぎょう あか こわ かたち がい づら へえ 侠気いなせ ちゅう 苦患ぐげん ささ こうべ 早春はる とと かがや くゆ さま ぬきがき めえ 哄笑たかわら ちろ 空嘯そらぶ はた なまめ 景勝かんかち 真打しばい おとな かず おり がた 師匠しょ 湿うる ぬる とく 山手のて たゆ うすづ 彩雲いろぐも