支倉事件はせくらじけん
呪の手紙 硝子戸越しにホカ/\する日光を受けた縁側へ、夥しい書類をぶち撒けたように敷散らして其中で、庄司利喜太郎氏は舌打をしながらセカ/\と何か探していた。彼は物事に拘泥しない性質で、十数年の警察生活の後現在の新聞社長の椅子につくまで、いろ …
作品に特徴的な語句
うむ しさゝ より ひと あから ぼう じま ほっ おのゝ 如何いつ たゝ 強請ゆすっ 失敗あやま 一通ひとゝおり おおせ たて おおよそ たと めい 打合うちあわ くゝ いず ぬかず いましめ したゝ 飾窓ウインドウ とゞ 主人たく まわ たち なめ ひそか まず 退しりぞ あせ かさね 背丈ぜい よこ とう たゞ まっしぐら ひそ 如何どう うた ゆっく じつ 主人うち 低声こゞえ いたる 往来ゆきゝ いで 永久とこしえ 瑞西スイッツル しとね おび 外方そと だま だる かゝ しか どころ なんな ざま おだ 窓外そと ねじ あやま 顴骨けんこつ 確乎しっかり すけ たゝず さえ ひそか 一体いってえ かたじけ かしこま 聖母マリア にげ つぶさ つま 歔欷すゝりなき せい まる 背丈せい 茫然ぼんやり 彼奴きゃつ 強請ゆす くび 仮令たとえ ひるが 幾何いくら