“足利”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしかが91.7%
あしかゞ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
足利時代に作られた「の木」という最も通俗な能の舞は、貧困な武士がある寒夜に炉にがないので、旅僧を歓待するために
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
あるいは宋代明代のものを、あるいは高麗李朝のものを、あるいは足利あるいは徳川期のものを、あるいは西洋ここ数世紀のものを。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
「あれもな、不仕合せでな。足利に行つてついこの間まで一人でゐたが、今ぢや亭主でも持つたか何うか。」
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
丁度あの鳶頭が来た翌日でした、吉原彼女駈落と出懸けやしたがね、一年足らず野州足利で潜んでいるうちには梅毒がふき出し、それが原因で到頭お目出度なっちまったんで