“あしかが”の漢字の書き方と例文
語句割合
足利100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
足利あしかが後期の京都人の日記など見ると、別に「ゐなか」という酒が地方から、ぽつぽつと献上せられ且つ賞玩せられている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
拙者は足利あしかがの田山白雲という貧乏絵師だが、今日はこれからなけなしの財嚢ざいのうを傾けて、君のためにおごりたいのだ
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)