ある僧の奇蹟あるそうのきせき
久しく無住であつたH村の長昌院には、今度新しい住職が出来た。それは何でも二代前の老僧の一番末の弟子で、幼い時は此の寺で育つた人だといふことであつた。「ほ、あのお小僧さんが?それはめづらしいな。」などと村の人達は噂した。 先代の住職が女狂ひを …
作品に特徴的な語句
しへた おこなひ いさゝ とみがへ ひきし ばゝあ むなし うづも をのゝ 機会しほ かと とゞま ぎやう かこま ぐわん ほろぼ おつ おやぢ 出会でつくは かは まつは 土竈どべつつひ はふ さか はた 微妙みめう かたはら 巴渦づまき ぢつ いづ 寂然じやくねん 白堊しろかべ あやふ あま 青縞めくらじま 憧憬しようけい つたは 連枷からざを ぐわう 其方そつち 誘拐いうかい ちやく あぢは あで うゑ 顛倒てんたう よこたは 此方こつち 鐘楼しようろう 洋傘パラソル 引籠ひつこ には 無住むぢゆう とほ 父親てゝおや 真向まつかう まゐ たづ たづ 矢張やつぱり さいな たゝり なまめ みづか 執着しふぢやく あへ 掌中しやうちゆう 数珠じゆず 枝折しをり やさ 感極かんきはま 渦巻うづま うしろ なめ あふ はゞ 生立おひたち ひろ 由緒ゆゐしよ 男女なんによ 疎々そゝ ねむり 嫉妬しつと またゝ あを 塵埃ごみ おびや 住居すまひ ひと 雑用ざふよう 誦経ずきやう 見透みす 周囲まはり