“すし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
47.9%
32.1%
寿司15.0%
2.1%
壽司0.7%
酢子0.7%
酢飯0.7%
須之0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を喰べて小半刻も經ちましたかしら、暫らくはそれでも我慢して居る樣子でしたが、到底たまらなくなつたと見えて、地べたを
たとえば、私がを食うときにそのにかび臭いにおいがあると、きっと屋形船に乗って高知浦戸湾に浮かんでいる自分を連想する。
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
窓の下の市場は喧噪をきはめて、燈火がやかに光り出した。ゆき子は一人で部屋を出て行つて、寿司と、カストリ酒をビール一本買つて来た。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
おやお従者さん誠に御苦労様でもげますから少し待つてゝ下さいよ、ちよいとまア旦那貴方今日のおいこと、結城でせう、ナニ節糸織い事ねうも
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
そのお絹の持つて來た壽司で彌三郎は殺されたのです。平次はこれだけの事を探ると、深々と手をいて考へ込みました。
ダカラく天地を包含したようの事を示せるのサ。又人間の心をもイヤに西洋の奴らは直線的に解剖したがるから、呆れて物がいえない、馬鹿馬鹿しい折詰の酢子みたような心理学になるのサ。
ねじくり博士 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と、またたく間に、酢飯に乗っている赤貝みたいに、辻斬を辻斬ッてしまった。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
字引で見ると、すかんぽの和名は須之であると云ふ。東京ではすかんぽといふ。われわれの郷里ではととぐさと呼んだ。漢名は酸模または※蕪である。
すかんぽ (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)