世辞屋せじや
エヽ商法も様々ありまするが、文明開化の世の中になつて以来、何でも新発明新発明といふので追々此新商法といふものが流行をいたしまする。彼の電話機械といふものが始めて参つた時に、互に掛やうを知らぬから、両方 …
作品に特徴的な語句
煙草盆たばこぼん 石燈籠いしどうろう 結城ゆふき 小倉こくら 看板かんばん 板塀いたべい 木挽町こびきちやう 見渡みわた 年寄としより 煎茶せんちや 腕車くるま まく もん 現今いま 様子やうす 世辞せじ しう 退屈たいくつ など 其人そのひと 見附みつ 黒縮緬くろちりめん 其上そのうへ 飛出とびだ すし しぶ 遺言ゆゐごん 番頭ばんとう 入口はいりぐち とゞ 質屋しちや 結構けつこう 学問がくもん 舶来はくらい 浜町はまちやう 二子ふたこ 書生しよせい 簡単かんたん 唐繻子たうじゆす 胸高むなだか 智恵ちゑ 洋服やうふく 色気いろけ 追善つゐぜん 高橋たかはし 其後そのあと 当然あたりめえ 木口きぐち 柳原やなぎはら 奥州あうしう 何所どこ 番附ばんづけ 仮名かな 大層たいそう 恐入おそれいり 感服かんぷく 機械きかい 親方おやかた 趣向しゆこう 打出はね 待合まちあひ 取寄とりよせ 巻烟草まきたばこ 幾許いくら 横手よこて 歌舞伎座かぶきざ 男振をとこぶり 彼所あすこ 格好かつこう 下宿げしゆく 器械きかい 器量きりやう 其様そん 何方様どちらさま 大臣だいじん 本当ほんたう おく 若衆わかいしう 似合にあ 下物さかな ぢやう 帳場格子ちやうばがうし 必要ひつえう びつく 此様こんな 物言ものい 相変あひかは 茶屋ちやや 茶托ちやたく 山形やまがた 何様どんな 貴嬢あなた 衣類いるゐ 兼吉かねきち 帳合ちやうあい 萬事ばんじ 進歩しんぽ 立留たちどま 熟睡じゆくすゐ くば