“綱曳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つなひ37.5%
つなひき25.0%
つなびき18.8%
つなっぴき6.3%
つなつぴき6.3%
つなツぴき6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盆の終りに際して、少年が小屋をかけ、または屋外で煮炊き食事をする風があるか。また綱曳きその他のこの頃に限る習わしがあるか。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
綱曳にて駈着けし紳士はく休息の後内儀に導かれて入来りつ。そのには、今まで居間に潜みたりし箕輪亮輔も附添ひたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
いいえ、立派な国手綱曳でいらっしゃったんですの。でもね、ちっとも分りませんとさ。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ず父と兄が綱曳で車を急がして何所へ行ったのだとか、この間は兄さんに御馳走になったとか、あなたは何故麻布の園遊会へ来なかったのだとか、御父さんの漢詩は大抵法螺だとか
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
先づ綱曳がして何所へ行つたのだとか、此間さんに御馳走になつたとか、あなたは何故麻布の園遊会へなかつたのだとか、御父さんの漢詩は大抵法螺だとか
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
おやうもらつしやいまし、うもお早いこと恐入ましたねおから綱曳らしつたツて
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)