“綱條卿”の読み方と例文
読み方割合
つなえだきやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以て申上るに中納言綱條卿は如何思召けん伊豆守はさせよ越前守ばかり書院へ通せとの御意にて越前守を御廣書院へ通し伊豆守殿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
改めさせられ御對面あるに此時將軍家の仰に中納言殿には天下の一大事何事なるやと御尋あれば中納言綱條卿には衣紋を正し天下の一大事と申候はにも候はずひ度は町奉行越前を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
返へし奉つるに候へ共私存じ仕候樣に申上しは僞言にて實は伊豆守よりの内意を受候に相違御座なく候と申上げるに綱條卿の御意に越前してを返へし候段はれて遣すとの御意なりしか
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)