“綱条”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つなえだ75.0%
ロープ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身こそ西山退いて、藩政の一切を、嫡子の綱条や重臣たちに委しているが、決して、その自覚からのがれているわけではなかった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
祖先が、水戸黄門光圀の兄の頼重で、光圀が後年伯夷叔斉の伝を読み、兄を越えて家を継いだことを後悔し、頼重の子綱条を養って子とし、自分の子鶴松を高松に送って、嗣子たらしめた。
仇討禁止令 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「そうです。私が倉庫エレベーターで下へおりようとしましたところ、エレベーターの綱条につかまって脱獄囚が下からどやどやと上ってきたのにはおどろきました」
浮かぶ飛行島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
綱条につかまって上るなんて、そんなことができてたまるか」
浮かぶ飛行島 (新字新仮名) / 海野十三(著)