浮かぶ飛行島うかぶひこうとう
川上機関大尉の酒壜 わが練習艦隊須磨、明石の二艦は、欧州訪問の旅をおえて、いまやその帰航の途にあった。 印度を出て、馬来半島とスマトラ島の間のマラッカ海峡を東へ出ると、そこは馬来半島の南端シンガポールである。大英帝国が東洋方面を睨みつけるた …
作品に特徴的な語句
はざま あたえ シェ バルブ 出発スタート きわま 機会チャンス はなみず のぞき かぶり おく ねらい おぼえ あわれ 喇叭ラッパ とらわ ひろ おもい ヤード 梁上はりうえ ねらい 紐線ちゅうせん におい 衣嚢いのう さわぎ 一所ひとところ かたわら 入野いりの さえ 前祝まえいわい ぐち 号笛パイプ 咳払せきばらい 夜更よふけ 悪企わるだくみ いくさ 撃墜うちおと かまえ マスト だま かいり あかり ましら 白刃はくじん まなこ たた 綱条ロープ 苦笑にがわらい 調しらべ たまもの 赭顔しゃがん つれ あそび 馬来マレー 一盞いっさん なな 亡骸なきがら 仕種しぐさ 作笑つくりわらい 傲然ごうぜん しの 凛々りり 刷毛はけ 刹那せつな とお 卓子テーブル 厄介やっかい 叫声さけびごえ 向脛むこうずね 呶鳴どな 呼吸いき 咄嗟とっさ 喊声かんせい やかま よみ トン おど 嚠喨りゅうりょう 囂々ごうごう 団扇うちわ おとり 在所ありか 埃及エジプト 大童おおわらわ 夫々それぞれ おご なお 工廠こうしょう きれ 布袋ほてい