“紐線”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
コード40.0%
ひもせん40.0%
ちゅうせん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
変だなと思ってしらべてみると、マイクの紐線がいつの間にかぷつんと切られているのであった。これでは、地上から応答のないのも無理ではない。
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
帆村は手をのばして、卓上から電話機につづいている紐線をずるずると引っ張りだし、そのはしを耳の穴に近づけた。紐線の端には、線とおなじ太さの受話器がついていた。
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)
その声が終るが早いか、電話機は紐線もろともぷつりとひきちぎられた。川上が力まかせにひきちぎったのだ。彼の腕がぶーんと鳴った。
浮かぶ飛行島 (新字新仮名) / 海野十三(著)