“紐鎖”の読み方と例文
読み方割合
ぱちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吐かせて雪江が見て下されと紐鎖へ打たせた山村の定紋負けてはいぬとお霜が蒔絵した日をもう千秋楽と俊雄は幕を
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
ひんの好い一方のつくりで、今の映ったは萌黄に金の竜眼の紐鎖、どう見てもこの会が約束の品ではなく、会員中の外飾好が特に召連て来たものと思われた。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)