“紐小刀”の読み方と例文
読み方割合
ひもがたな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに天の宇受賣の命、海鼠に謂ひて、「この口や答へせぬ口」といひて、紐小刀以ちてその口をきき。かれ今に海鼠の口けたり。
その和邇返らんとする時所佩紐小刀を解いてその頸に付けて返したまいし故その一尋の和邇を今に佐比持神というと見え、『書紀』に稲飯命熊野海で暴風に
ここに沙本毘古の王、謀りて曰はく、「まことにを愛しと思ほさば、吾と汝と天の下治らさむとす」といひて、すなはち八鹽折紐小刀を作りて、そのに授けて曰はく