“紙小刀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ペーパーナイフ66.7%
かみきり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
周囲に、まだ三四匹っていたのを、薄い象牙紙小刀で打ち殺した。それから手をいて人を呼んだ。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
周囲に、まだ三四匹這つてゐたのを、い象牙の紙小刀で打ち殺した。それから手をいてんだ。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「オヤ。紙小刀が無い。はここに在るんだが……お前知らんか……」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)