怪星ガンかいせいガン
臨時放送だ! 「テレ・ラジオの臨時ニュース放送ですよ、おじさん」 矢木三根夫は、伯父の書斎の扉をたたいて、伯父の注意をうながした。 いましがた三根夫少年は、ひとりで事務室にいた。そしてニュースの切りぬきを整理していたのだ。すると、とつぜんあ …
作品に特徴的な語句
仰向ああむ 女王クィーン きょく たん 素性すじよう がしら 和尚おしよう がく 出入でい きゅう 憂慮ゆうりょ ひけ 仮面マスク おお 灯火とうか 無人むじん 音響おんきょう きず 樹脂じゅし 横腹よこはら ぬの ぱら 恐怖きようふ つの きょう かご かれ 引込ひきこ 人力じんりょく 彼奴きゃつ 死相しそう 住人じゅうにん 何故なにゆえ ばし 頂上ちょうじょう 往来おうらい つら よこ 光沢こうたく きゃく かんむり 微行びこう だこ 極寒ごっかん だな 市街しがい 病床びょうしょう こう 白昼はくちゅう 縦横じゅうおう じゃく てい たば 密林ジャングル 悪漢あっかん 破片はへん 捕虜ほりょ 紙片しへん から 紐線ひもせん かど 外廓がいかく 外界がいかい 目印めじるし 義理ぎり 繋索けいさく 繋留けいりゅう 繁殖はんしょく しま つづ あみ 素性すじょう ひも のり 籠型かごがた かわ わざ 漂泊ひょうはく 漆黒しっこく 激励げきれい 火傷やけど 火焔かえん 爪先つまさき 片影へんえい ろう きつね 玩具おもちゃ 環状かんじょう おい 白熱はくねつ 白鼠しろねずみ 硝子ガラス 種子たね 稲妻いなずま はし