“繋索”の読み方と例文
読み方割合
けいさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巨人のハルクと繋索の手入れをしているところであったが、うしろを向くと、そこに船長ノルマンが立っているので、また例の皮肉な用事かと、舌うちをしながら立ち上った。
火薬船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
天蓋は、堅牢である。本艇を繋留塔にむすびつけている繋索は、ものすごく丈夫である。いったい出航用意をしてどうするというのだ。テッド隊長は、気がちがったのではなかろうか。
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)
艇の繋索はたたれた。そして針路は、吹きとばされた天蓋のあとへ向けられた。
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)