“繋獄”の読み方と例文
読み方割合
けいごく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は繋獄の身となるもゆることがない、ついては若干の金を得て老母の養老金にしたいと頼まれ、わが輩一義侠、これをむにびず、彼のために出金した
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
途中にて護送者が男は陰嚢女はて即死せしめ、死骸を路傍の穴へ蹴込て、落着せしむる事あり、時亭主殺しの疑いある女にて、繋獄三年に及ぶも証拠らずされば追放にもなし難く
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)