“繋累”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けいるい57.1%
けいるゐ42.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わが臆病なる心は憐憫の情に打ち勝たれて、余は覚えずに倚り、「何故に泣きたもうか。ところに繋累なき外人は、かえりて力をきこともあらん」
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それではたまらぬと、そこで兄藤次郎にはすまぬと影に手を合わせながら、わざと種々の放埓に兄を怒らせて、こうして実家へもよりつかずに繋累を断った栄三郎ではないか。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
わが臆病なる心は憐憫の情に打ち勝たれて、余は覚えずに倚り、「何故に泣き玉ふか。ところに繋累なき外人は、りて力を借し易きこともあらん。」
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
謝せよ、新夫婦に感謝せよ、渠等は社会に対する義務のために懊悩不快なるあまたの繋累に束縛されむとす。
愛と婚姻 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)