“繋縛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けいばく71.4%
いましめ14.3%
けばく14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは要には意外でないことはなかったけれども、同時に繋縛を解かれたような、不意に肩の荷が除かれたような気安さを与えないでもなかった。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
虹汀を見て莞爾と打ち笑みつ。如何に喜三郎ぬし。早やり給ひしか。弥陀の利剣とは此の竹杖の心ぞ。不動の繋縛とは此の親切の呼吸ぞや。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)