“黒鐵”の読み方と例文
新字:黒鉄
読み方割合
くろがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空は一面の灰色の雲、針の目程の隙もなく閉して、黒鐵の棺の蓋の如く、重く曠野を覆うてゐる。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
小六つて書付してせた。それに「一重黒鐵の」とめた括弧をして、(餓鬼黒缺の)とつけへてあつたので、宗助御米らしいらした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
繋縛人を責むとか、黒鐵をも
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)