“外界”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そと44.4%
がいかい33.3%
げかい11.1%
ぐわいかい5.6%
ゲクワイ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「はい代々井上嘉門が支配いたして居りました。……で、この秘密を保つために、逸見三家は家憲として、外界との交際を避けて居りました」
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
かういふ自分自分保護するために外界をもつ、そののことを『保護色』といひます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
そして事実になるまで、の胸には一度もさなかつた。今度はどうもあの時とは違ふ。それにあの時は己の意図がに動いて、外界の事柄がそれに附随して来た。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
御米にまたられないで、ませなつたへながら、辛抱してらきしたが、つたりいたりするたびに、多少へる苦痛はあつても、比較的るい外界刺戟れた
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
もう二度とは吾家へ来ますことはあるまいと、外界の物淋しい景色に心のよすがなく、悲しい考のみが浮んで来る。もう君はお出でになることはない。
古歌新釈 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)