“綱渡”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つなわた66.7%
つなわたり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さあ、さあ、大評判文福がまにえて、手足えて、綱渡りのわざから、かれりのふしぎな芸当評判じゃ、評判じゃ。
文福茶がま (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
見物席の三分の一がふさがっただけでしたけれど、馬の曲乗り、自転車の曲乗り、竹り、綱渡り、空中飛行曲芸猛獣使いの芸当、少女たちのダンスと、演芸はそれからそれへ
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
田舎爺加持のお水を頂いて飲んでいるところだの、蝋燭のあがった多くの大師の像のある処の前にんでみたりした。木立の中には、海軍服を着た痩猿綱渡などが、多くの人を集めていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)