“綱手”の読み方と例文
読み方割合
つなで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外題はやはり「児雷也豪傑譚話」——主なる役割は児雷也(団十郎)、妖婦越路、傾城あやめ、女巡礼綱手(岩井粂三郎)、高砂勇美之助大蛇丸(嵐璃寛)などであった。
自来也の話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「すなわち、蛞蝓縮身秘法。昔、綱手の使った術じゃ。伊賀流においては秘伝の一つ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ガラツ八を溝へ叩込んだ女はその妻綱手、これは大變な女丈夫で、素姓を包んで南部家の奧に仕へ、兵粮丸の機密を知つて、幸ひ夫秀實の手に殘つて居る福岡城以來の南部兵粮丸を種に