“綱常”の読み方と例文
読み方割合
こうじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
踏海の策敗れて下田の獄に繋がるるや、獄卒に説くに、自国を尊び、外国を卑み、綱常を重んじ、彝倫ずべきを以てし、狼の目より涙を流さしめたり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
の書のたるや、水滸伝平妖伝等に同じとも、立言は、綱常扶植し、忠烈を顕揚するに在りというをて、南安の郡守陳香泉の序、江西廉使劉在園の評、江西の学使楊念亭の論
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)