“三綱五常”の読み方と例文
読み方割合
さんこうごじよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絶間無き騒動の狼藉としてれ遊ぶ為体三綱五常糸瓜の皮と地にれて、これ修羅道打覆したるばかりなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)