“七五三縄”の読み方と例文
旧字:七五三繩
読み方割合
しめなわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御幣七五三縄真榊の類が、そこでも焚かれているごまの煙りや、炉から吹き出している墨のような煙りや、湯気などに捲かれて見え隠れしている。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
席から立った信長の姿を人々が見ると、長柄の太刀脇差に、七五三縄を巻いていた。もはいていないのである。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の境内にはその昔、枝が繁茂して空も見えないほど鬱蒼たる森林をなしていたであろうと思われる各種類の巨木が、幾本となく枯死して枝を払われ、七五三縄を張られている。
モルモット (新字新仮名) / 細井和喜蔵(著)