“結城”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうき84.7%
ゆふき15.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……今度結城の織元で、鶴屋仁右衛門といって下総一の金持なんですが、その姉娘と縁組ができ、結納がなんでも三千両とかいう話。
また『古語拾遺』によれば、その天日鷲命が東国経営の際に、穀の木をえられた地方が今の下総結城であったとも言われている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
串談はぬきにして結城さん貴君くしたとて仕方がないからますが町内しはもあつた蒲團やの七といふ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
鴨橋(今の結城新宿村のかま橋)から急に駈抜けて注進したため、危くも将門は勝を得てしまつた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)