“結城縞”の読み方と例文
読み方割合
ゆうきじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
母親はその間に、結城縞の綿入れと、自分の衣服を縫い直した羽織とをそろえてそこに出して、脱いだ羽織ととを手ばしこく衣紋竹にかける。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
相変らず、はしッこそうな、キラキラした目付きをした長崎屋、結城縞に、鉄錆いろの短羽織という、がっちりとしたなりで、雪之丞の鏡台近くすわると
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
結城縞の着付に八反の三尺帯を鉄火に締めた、二十歳程のいなせな男——それはお春に三つましの兄人で、十七の時から人足の仲間にいたが此の頃船乗りの知辺を頼って、千石船の舟子となり
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)