“結城朝之助”の読み方と例文
読み方割合
ゆふきとものすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
客は結城朝之助とて、自ら道樂ものとは名のれども實體なる處折々に見えて身は無職業妻子なし、遊ぶに屈強なる年頃なればにや是れを初めに一週には二三度の通ひ路
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
客は結城朝之助とて、自ら道楽ものとは名のれども実体なる処折々に見えて身は無職業妻子なし、遊ぶに屈強なる年頃なればにやこれを初めに一週には二三度の通ひ
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
結城朝之助とて、道樂ものとはのれども實体なる折々えて無職業妻子なし、ぶに屈強なる年頃なればにやれをめに一には二三
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)