にごりえ
おい木村さん信さん寄つてお出よ、お寄りといつたら寄つても宜いではないか、又素通りで二葉やへ行く氣だらう、押かけて行つて引ずつて來るからさう思ひな、ほんとにお湯なら歸りに屹度よつてお呉れよ、嘘つ吐きだから何を言ふか知れやしないと店先に立つて馴 …
作品に特徴的な語句
べツつひ どち てゝ から 交際つきあつ おい とゝ そろ 普通ついツとほり 眞實ほん 風采やうす 一層もつと 分明あきらか まじなひ 庇合ひあはい まをし 眞實しん 穿ほじ 衣類べゞ 尋常なみ 情婦こひ わろ つか てー 阿房あはう ゑり 仕舞しまう そめ いつそ つら 此方こち とつ 眞實ほんとう 知人しつたひと ぐさ 莞爾につこ ばかり 不幸ふしあはせ 何處どちら 女郎めらう 情夫まぶ 惡戲ふざけ はか 狼狽あわて 當時いま 相方あひかた むさ 茫然ぼん 褒賞はうび 道理ことわり よこ こぼ 一處ひとつ 三下みくだ 以來から いつも 冷評ひやかす 反對うらはら 向島むかふじま 容貌きりやう なり 往來ゆきゝ こは たゝ 時機しほ ざら あり 突然だしぬけ かく 辛苦くらう あし 階段はしご 雉子きゞす 頬先ほゝさき つむり 俳優やくしや 先刻さつき 冷奴ひやゝつこ くら 大伴おほとも 大形おほがた ひと 女夫めをと 嫣然につこり ひろ 屹度きつと たな 惡業わるさ 技倆うで ばち ばかり 本末もとすゑ 機會はずみ ぶう あふ
題名が同じ作品
にごりえ (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
にごりえ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)