“古語拾遺”の読み方と例文
読み方割合
こごしゅうい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また『古語拾遺』によれば、その天日鷲命が東国経営の際に、穀の木をえられた地方が今の下総結城であったとも言われている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
古語拾遺』には国津罪は国中人民犯すところの罪とのみ申してあるが、それではこれに対する天津罪は、誰の犯すところなるかが不明となります。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
古語拾遺』の著者などはそれよりまたずっと昔において、既に平安京初期の文化を悪評しているのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)