“拾遺集”の読み方と例文
読み方割合
しゅういしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われ/\は拾遺集巻五賀の部所載源公忠の、「萬代もなほこそあかね」の歌の詞書に依って、権中納言敦忠が母のために賀筵を設けたことがあるのを知り
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
拾遺集巻八上の部伊勢の歌に、「権中納言敦忠が西坂本の山庄の滝の岩にかきつけ侍りける」として
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)