“ゆうき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
勇気50.0%
結城31.5%
勇氣10.5%
幽鬼2.5%
雄毅1.2%
幽毅0.6%
有機0.6%
游嬉0.6%
游騎0.6%
湧起0.6%
雄基0.6%
雄虺0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人間女房しくるほど、勇気へるはない。それにつけても、それ、そのがいたはしい。つた、ばしやり、ばしやん。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
また『古語拾遺』によれば、その天日鷲命が東国経営の際に、穀の木をえられた地方が今の下総結城であったとも言われている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
しかし、之をいてゐる中に、下人の心には、勇氣が生まれて來た。それは、さつき、でこの男に缺けてゐた勇氣である。
羅生門 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
彼はもはや人間を眺める目に遠近を失っていたのだ。支柱を失った人間は、彼には影を失った幽鬼に過ぎなかった。皆支柱を失っているのではないか。幽鬼の行為に美醜がある筈がない。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
輝祖は開国の大功臣たる中山王徐達の子にして、雄毅誠実、父の風骨あり。斉眉山に燕兵を破り、前後数戦、に良将の名をめず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
さらにこの夜空のところどころにときどき大地の底から発せられるような奇矯な質を帯びた閃光がひらめいて、のかえ手のように幽毅に、世の果ての審判のように深刻に
渾沌未分 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そして空気かぶとの大部分は、透明な有機ガラスでできていたから、すこしはなれて見ると、そういうかぶとをかぶっているのかいないのか、区別がつかないほどだった。
三十年後の世界 (新字新仮名) / 海野十三(著)
独ソノ東ヲ欠ク十二。島嶼ソノ間ニ星羅棊布シ皆青松ニハル。潮ハ退キ浪ハニシテ鴎鷺游嬉シ、漁歌相答フ。トシテ画図ニ入ルガ如シ。既ニシテ舟松島ノ駅ニ達ス。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
燕王んでく、敵必ず兵を分ちて之をらん、其の兵分れて勢弱きに乗じなば、如何く支えんや、と朱栄劉江りて、軽騎を率いて、餉道らしめ、又游騎をして樵採を妨げさしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
自分には如何なる外国の傑作品をも聯想せしめない、全く特種の美しい空想を湧起せしめた事を記憶している。
霊廟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「……朝鮮です。——ずっと北の雄基の先だ……じゃ、また」
ズラかった信吉 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
南方には人肉を以て先祖を祭り骨をとし、また九首の雄虺ありて人を呑む、西方には流沙ありて穀物も水もなし、北方には氷雪千里止まる事がならぬ