霊廟れいびょう
仏蘭西現代の詩壇に最も幽暗典雅の風格を示す彼の「夢と影との詩人」アンリイ・ド・レニエエは、近世的都市の喧騒から逃れて路易大王が覇業の跡なるヴェルサイユの旧苑にさまよい、『噴水の都』La Cité des Eaux と題する一巻の詩集を著した …
作品に特徴的な語句
つたえ かがやか いこ いにしえ とど はず あらわ さわが 一度ひとた だい うしろ 燈火とうか おびや 透彫すきぼり かさな すなわ 何処いずこ すべ 午後ひるすぎ おごそ もとづ よる いえ すで 巴里パリー ゆか めぐ のち 手摺てず ふくろ 池水いけみず うか 湧起ゆうき なめら 特種とくしゅ まなこ 翌日あくるひ たず へん はるか あいだ しきり 一所いっしょ うち 今日こんにち 会得えとく てい 何故なぜ うなが 勿体もったい 匍匐ほふく 否々いないな すす ささや 夕靄ゆうもや 外濠そとぼり 寒月かんげつ 小波さざなみ 居並いなら 幽邃ゆうすい 幾個いくつ 幾度いくたび 幾重いくえ 広重ひろしげ 廃址はいし 彎曲わんきょく 彷徨さまよ あと 恍惚こうこつ ことごと 慟哭どうこく 憤怒ふんぬ 手折たお かず 明日あす 昨夜ゆうべ 昨日きのう 暴風あらし 書割かきわり 最少もすこ 木蔭こかげ こずえ かし 橄欖かんらん 欄間らんま 此処ここ 殊更ことさら 渚山しょざん 湖山こざん うるし 灰燼かいじん 牡丹ぼたん たま