渾沌未分こんとんみぶん
小初は、跳ね込み台の櫓の上板に立ち上った。腕を額に翳して、空の雲気を見廻した。軽く矩形に擡げた右の上側はココア色に日焦けしている。腕の裏側から脇の下へかけては、さかなの背と腹との関係のように、急に白く柔くなって、何代も都会の土に住み一性分の …
作品に特徴的な語句
ぶち いき おこ 翡翠ショービン おお てき した かおる とぼ 不精ぶしよう やわらか とどろき こた めず 希臘ギリシア なま さずか 無償むしょう かか 審判しんぱん むらが 手網てあみ なめ とお とか おとしい 眼庇まびさ そびや 洲崎すざき はじ ゆか 幾百いくひゃく あか 希臘ギリシヤ 柔軟じゅうなん 岡持おかも しつ 軟柔なんじゅう きま しま かれ 彼女かのじょ 月暈つきがさ 象徴しょうちょう 翡翠かわせみ 逃路とうろ こび むすめ だれ たく なじ ぺん 大幅おおはば 恐怖きょうふ わか 塵埃じんあい 昨今さっこん つつみ 堡塁ほるい 執着しゅうちゃく 悲哀ひあい 釣合つりあ きゅう はしゃ 甲斐がい みぞ つゆ におい つかま ごろ あつか 八幡やわた ひそ 潤沢じゅんたく けむり ぐさ すわ あた 両股りょうまた いぶ かたよ こま 色彩しきさい のこ