“いきおい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.6%
勇気0.4%
勢力0.4%
威光0.4%
威力0.4%
0.4%
気勢0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あので下ったなら恐らく十分ならずして劒沢に達するであろう。後で聞くと雪渓を上下したのは今度の旅行が初めてであるという。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
そうするとまたそろそろと勇気が出て来て、家を出てから一里足らずは笛吹川の川添を上って、それから右手の嶺通りの腰をだんだんと「なぞえ」に上りきれば、そこが甲州武州の境で
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
公方さまの御親類、当時、飛ぶ鳥も落す勢力かも知れないが、こんな夜更けに、あっしのようなおね者の泥棒風情を、一緒にお目通りまで、連れて来る程の、御懇意な仲でしょう。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
汝わが審判を棄てんとするや、我を非としてを是とせんとするや、汝神の如き腕ありや、神の如き声にてきわたらんや、さらば汝威光尊重とをもて自ら飾り、栄光華美とをもて身に
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
そが中に、威力ありり深くて、人をなつけ、人の国を奪ひ取りて、又人に奪はるまじき事量をよくして、しばし国をよく治めて、後のともなしたる人を唐土には聖人とぞ言ふなる。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
この少女達が、よく自分の背丈位もある縄を飛んで、トンと下りると、その瞬間、簡単服のスカートは、風を受けて乱れ、そこから覗くのは、ふっくりとした白い腿だった——。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
力なげ首悄然れが気勢のなきたそうなる眼をぎ居るに引き替え、源太郎は小狗瞰下猛鷲の風に臨んで千尺のの上に立つ風情、腹に十分の強みを抱きて、背をもげねば肩をもめず
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)