“公方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くぼう87.5%
くばう12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「だが、お前のお養母さんの浜中屋の女将ときては、公方の肩持ちで、ちゃきちゃきな江戸ッ児だからな。万一、密告されると……」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがてのことに、ご奏者番からご老中職へ、ご老中からご公方さままで、道々のご警備その他ぬかりのない旨、ご言上が終わると
「當り前ですよ。錢形の親分は、どんなに捕物が名人でも、大名になつてくれとは言やしません。公方樣だつて、お多いことだから」
ば爲可き者と早も見て取り知たれば我思ふよし云々と吉宗ぬしに言上せしに君又英敏明才にていよ/\政治改良して公方の職を萬世不朽に傳へんといふ素志なれば今大岡の言るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)