黒部川奥の山旅くろべがわおくのやまたび
大正四年七月二十四日午後七時三十分、汽車にて上野発。翌朝九時二十分、魚津着。少許の準備と昼食の後十一時三十分、出立。暑さ甚し。途中屡々休憩して、午後二時三十分、前平沢。此処にて人夫一人を雇い且つ米を購わんとして空しく二時間半を費やし、五時、 …
作品に特徴的な語句
わずか わず ずこ ささ わた いぶし かえっ だいら まもの 祖父じじ あたか がわ はな およ おおき そぞ しっ べか おも あきらか まっ よじ おそれ ばかり がち たすけ おく たく たば ゆら さかん 執念しつこ 祖母ばば かけ 蹂躙ふみにじ ふみにじ とお くつ とまり かえっ ひろ 午下ひるさがり おび つの のぞ 希臘ギリシア ぼうし ねむり あらわ 一簇いっそう だけ めぐ 背向うしろむ ねじ つかま あた さわやか にわ まっしぐ あら 煙管ぎせる こまや それ うしろ きま あた 躊躇ためら わだか 神龕しんがん かんがえ 蛇嫌へびぎらい つか しま きたな ちら ずつ ふか たのし おそれ せま