“楊梅”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまもも66.7%
やまもゝ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“楊梅”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 年中行事・祭礼3.7%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
つい先達て汗だくになつて刈込をした楊梅やまももの枝枝には、茜とも鳶ともつかぬ色のつややかな葉が、可愛らしくもう出揃つてゐる。
おばあさん (旧字旧仮名) / ささきふさ(著)
「おぎんが作った大ももは」と呼び歩く楊梅やまもも売りのことは、前に書いたことがあるから略する。
物売りの声 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
私の部落の明神さんには、三抱へも有るかと思ふ楊梅やまもゝの老木があつた。
祭のさまざま (新字旧仮名) / 柳田国男(著)
ゆけば楊梅やまもゝ袖に散り
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)