“小豆粥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あずきがゆ85.7%
あづきがゆ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小豆粥”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 年中行事・祭礼4.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌3.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
ちょうど家では二十日正月はつかしょうがつを兼ねて、暮れに生まれた男の子のために小豆粥あずきがゆなぞを祝っていた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) epub / 島崎藤村(著)
おなじく十五日、貴賤小豆粥あずきがゆを炊くのは、平安の世のいわゆる餅粥の節供で、同時に毬杖ぎっちょうをもって女の腰を打つしきたりも、江戸をはじめ諸国に見られた。
八五郎が飛び込んで來たのは、それから七八日經つた頃。藏開きも濟んで、昨日が小豆粥あづきがゆの十五日といふ月の良い晩の後でした。