“冬瓜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうがん93.1%
とうが6.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
アコ長のほうは、ごぞんじの通り、大一番長面の馬が長成冬瓜をくわえたような、眼の下一尺二寸もあろうという不思議な面相。
と、金博士はちょっと不意打のおどろきを示した。しかし大統領は割合におちついていた。そして冬瓜のような顔をしかめていった。
兵卒らがその死人をき出して、うしろの壁にせかけると、冬瓜のような大きい玉がその懐中から転げ出したので、驚いて更に検査すると
先ず裏の畑の茄子冬瓜小豆人参里芋を始め、井戸脇の葡萄塀の上の、隣から貰うた梨。
(新字新仮名) / 寺田寅彦(著)