“冬瓜頭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とうがんあたま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあさ、なんだって水差しなんか歯にぶつけるんだ」とグーセフが怒る。「まだわからねえのか、冬瓜頭とうがんあたまめ。」
グーセフ (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)